2週間で5キロダイエットは幸せホルモンで幸せダイエット

スポンサードリンク


2週間で5キロダイエットを確実に成功させるために、是非してほしいことがあります。それは朝日を

5~10分間しっかり浴びること。そして、できれば同時に10~30分散歩をしてほしいのです。

 

そうすると、セロトニンというホルモンが身体の中に増えます。

セロトニンは気分を爽快にして、考え方を前向きにし、さらに意欲を湧かせる幸せホルモンなのです。

 

 

ダイエットにストレスはつきもの

 

負荷の少ない2週間で5キロダイエットでも、始めてみれば、やはりストレスを感じることと思います。

必要だと分かっていても、人は我慢を続けていくと、だんだん気持ちが沈んでしまうものです。

 

そして、意欲を低下させてしまい、たとえ2週間という短い期間でも、その継続を困難にしてしまうことにも

なりかねないのです。

これはただ単に気持ちの問題で、それに負けてしまうのはその人が弱いからだということではないのです。

 

今までと違う食生活に移行するというのは、誰にでも大きなストレスとして襲い掛かります。だから

ダイエットに挫折する人が大勢いるのです。

そこで登場するのがしあわせホルモンといわれるセロトニンというわけです。

 

 

セロトニンの効果とは

 

私たちはダイエットに限らず、生活の中で日々いろいろなストレスにさらされて生きています。

そして、そのストレスを受け流すように、気持ちや身体を守ってくれているのが、セロトニンなのです。

 

セロトニンが慢性的に不足すると、「うつ病」を引き起こすことは広く知られています。

でも、セロトニンの効果は「うつ病」に効くということだけではありません。

 

1.覚醒作用

2.「平常心」の維持

3.自律神経の健康

 

の三つがその他のおもなものです。

 

 

セロトニン三つの効能

 

一つ目の「覚醒作用」とはセロトニンには脳の状態を、落ち着いた状態でありながら非常に

クリアにするという効果があります。その昔お釈迦様が座禅によって悟りの境地に至ったのも

この作用のおかげだと考えられます。

 

二つ目の「平常心の維持」というのは心の状態を整える機能です。セロトニンがきちんと働いていれば、

精神的なコントロールがしやすくなり、多少のストレスがあっても、それに負けてイライラしたりキレ

やすくなたりすることもなくなります。平常心というのは適度な緊張をもって、その人の能力を最も

発揮させることができる心の状態です。

 

三つ目の「自律神経の健康」とは私たちの身体はものを食べると、消化器官が勝手に消化し、勝手に

栄養を吸収してくれます。私たちはこれを意識的に行うことも、意識的に止めることもできません。

こうした意識的にコントロールできない働きを行ってくれているのが自律神経です。

この自律神経を上手にコントロールしてくれるのが、セロトニンなのです。

 

 

2週間で5キロダイエットとセロトニンの関係について

 

セロトニンが増えれば、頭がクリアになり、やる気がみなぎり、心は安定します。このことはストレスから、

私たちの身体と精神を守ることにつながるのです。

 

つまりセロトニンを増やしながら、2週間で5キロダイエットを行えば、やる気、意欲が刺激されて、

ダイエットの効果も上がり、成功率そのものを上げることができるのです。

 

その結果、私たちは意欲あふれる気持ちと、心を安定させる力、そして元気を手に入れるだけでなく、

スリムで引き締まった身体をも一緒に手に入れることができるのです。

 

これを目指して、しあわせホルモンを増やしながら、しあわせダイエットに挑戦していきましょう。

 


にほんブログ村 ダイエットブログ 最後のダイエットへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る