2週間で5キロダイエットに適した呼吸法

スポンサードリンク


体重が標準体重まで、2週間で5キロダイエットで落とすことができれば、それは私たちの健康に

大きく貢献します。

 

BMIにおける22という標準体重は高血圧、高脂血症、心臓病、脳梗塞、糖尿病などのリスク

が一番少ない統計上、最も健康的な体重なのです。

 

 

呼吸法がダイエットにむずびつく理由

 

私たちは健康で若々しくいられるように、2週間で5キロダイエットをはじめようとしています。

ダイエットには適した呼吸法があります。それをこれからご紹介しましょう。

 

太りにくい身体にするには筋肉を維持したり、さらに増やしたりしなければなりません。

その筋肉をコントロールしているのが、実は血流なのです。そして、その血流をコントロールしている

のが自律神経です。さらに、自律神経は私たちの意識的な呼吸の仕方で、コントロールできるのです。

 

すなわち正しく呼吸をすれば、自律神経を整えて、血流を改善して、力強い筋肉を増やす元になり、

ダイエットを直接力強くサポートしてくれるのです。

 

 

自律神経を整える呼吸の仕方

 

自律神経を整える呼吸というのはゆっくりと、1.2で吐いて、3で吸うというものです。腹式呼吸や

鼻呼吸などの呼吸法を意識する必要はありません。自分がリラックスして楽なやり方で、吐くことを

吸うことよりも長くして、呼吸をすればいいのです。

 

1.2で吐いて、3で吸うことを繰り返すだけで良いのです。

緊張したときは一度、空や屋内なら天井を見てから深呼吸をしてみてください。それだけでも随分と

気持ちが落ち着くはずです。

 

 

やる気や活力の出る呼吸の仕方

 

今度は逆に、何となくダルくて、やる気になれないときは交感神経を刺激するために、ゆっくりとした

呼吸とは正反対に、「はっ」「はっ」「はっ」と短く、早く、回数を多くした呼吸にすることです。

 

このやり方は交感神経を刺激するので、しばらくすると交感神経が優位になって、自然にやる気と活力

が出てくるのです。

 

 

呼吸は自然に、でも意識的に行うことが肝心

 

呼吸は直接的に、それもすぐに自律神経に対して働きかけをします。そしてその結果、ダイエットや健康へと

結びついていくのです。

 

身体の体調を整えて、ダイエット効果がなるべく早く現れるようにするためにはあなたにとって楽なやり方で、

ゆくっりと吐いて、吸うという呼吸の仕方を一日の中で、なるべく長い時間意識的に続けることが大切です。

 

そして、なんだかやる気が出ないとか、ここ一番のときは「はっ」「はっ」「はっ」と意識的に交感神経を

刺激する早くて回数の多い呼吸を心掛けてください。

 

これらの呼吸の仕方を生活の中に取り入れることは生活にメリハリを与え、自律神経を整えて、体調管理や

また、ダイエットにも大いに役立つので、是非今日から実践をして、あなたの健康をしっかりと確立して

いきましょう。


にほんブログ村 ダイエットブログ 美容ダイエットへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る