痩せたければ朝食は抜きなさい

スポンサードリンク


朝食は抜くべきです。

そうしないと効果的に痩せることができません。

なぜそうなのかをご説明していきます。

 

人間の生理に合わせれば、朝の時間帯は排泄に当てられます。

昨日一日の毒素を体外に排泄する大切な時間帯です。

朝食を食べてしまうと、消化器に負担をかけてしまい、排泄の邪魔をすることになります。

 

アスリートは朝食をとらない

 

体調管理に人一倍神経を使うアスリートたちにも、朝食を食べない人が多くいます。

彼らが口をそろえて言うのが、胃腸の調子がよいこと。体調をよい状態に保てること。

集中力を高めることができるということです。

 

せいぜい朝は摂るとしても、フレッシュジュース一杯とか、フルーツ一個程度で充分です。

 

そもそも、現代人は食べすぎです。

いつでも、どこでも、好きなものを好きなだけ食べることができる環境の中にいます。

 

よく考えていただきたいのですが、

仕事や生活が忙しいからと、ほとんど体を動かすこともなく、三度の食事だけは時間通りに摂っていれば、

摂取エネルギーは本来身体が必要とする以上になって、太ってしまうのは当然です。

 

朝食は活力を奪う?

 

そもそも身体のしくみは食事をすれば、その食べ物を消化するために血液が胃腸に集中して、身体を動かす分の

血液が不足してしまいます。

 

ですから、身体は食事を摂ると、消化に集中して、身体を動かさないようにするために眠くなるのです。

この状態で「さあ、今日も一日頑張ろう」という気持ちになれという方が無理です。

 

多くの医師がいうように「朝食をとらないと健康に悪い」「活力が生まれない」というのが本当なら、

どうして私たちの先祖は狩猟生活から、農耕生活に移行して、食料の備蓄ができるようになっても、

朝食をとるようにしなかったのでしょうか。

 

それに小さな子供たちの多くが朝、ご飯を食べたがりません。

朝起きてお腹が空いていたら、子供たちは「早くご飯が食べたい」と大騒ぎするはずです。

ご飯より遊びたいのです。朝ごはんを食べなくても彼らは元気です。

 

朝食を抜けばこんなに良いことが

 

以上のことから、朝食を食べることは身体の「生理」にあったことでも、身体の「しくみ」に
沿ったものでもないという結論に達します。

 

朝食を抜いてもあなたの健康と朝の活力は充分に維持できるのです。

朝はしっかり排泄して体調管理を万全にすることが私たちの「生理」に沿っています。

排泄がよくなれば、それだけで、代謝がよくなりダイエットになります。

 

そして、朝食を抜けば、一日のカロリーコントロールもしやすくなります。

どういうことかというと、一日の摂取カロリーの配分を今までの3回から2回にすることができるので、

1回あたりの食事内容を充実させながら、総摂取カロリーを減らすことができるようになるのです。

 

さらに、朝食を抜けば、前日の夕食から、昼食までの空く時間が14時間以上になるので、

毎日プチ断食をするのと同じ効果を期待できます。

このことは胃腸の調子を整え、ダイエットにも健康にも大きな効果をもたらします。

 

このような話をすると、「お腹が空きすぎると少しでも栄養を身体が取り込もうとして、かえって太ってしまう」とか、

「結局、3回の食事をしっかりと時間通りに摂ったほうが太らない」という人がいますが、

これは全く理屈に合わない迷信です。

 

健康な人であれば、お腹が空いている時であろうが、そうでなかろうが、食べ過ぎてしまえば、どちらでも

太ってしまうことに変わりはありません。

 

お腹が空くというのは身体の中にエネルギー源が無くなったからではなくて、血液中のブドウ糖量、すなわち

血糖値が下がるということなのです。

この段階では身体にはブドウ糖は筋肉にも肝臓にも、さらに脂肪としても十二分に蓄えられています。

 

その証拠にそのまま活動をつづれば、知らないうちに血液中のブドウ糖が増えてきて、空腹を感じなくなるはずです。

ですから、お腹が空いてもすぐに食べ物を補給しなくても大丈夫です。

 

以上、お話をしてきたことから、その結論として強調したいのは

あなたが本気で痩せたいと考えているならば、

とても重要で、即効性のある第一歩が、

「痩せたければ、朝食を抜きなさい」ということなのです。

 

 


にほんブログ村 ダイエットブログ 最後のダイエットへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る